メリット 01
省人化・省力化

現在の日本はものづくり産業に関わらず、働き手の人手不足が深刻になっています。ロボットを導入し自動化を進め、省人化・省力化を図ることで、不足する労働力を確保する動きが加速しています。また、人の手作業がロボットに置き換わることで、生産性や品質も向上します。

メリット 02
コスト削減

ロボット導入はシステム構築なども含め初期投資はかかってしまいますが、作業効率を改善し、生産性を高めることでコスト削減に導きます。品質管理や生産計画などの生産管理担当者の負担も減らすこともできます。また、汎用性の高い産業量ロボットは専用機と異なり、プログラムの変更やハンドの切替を行うことで、他作業への転換も可能です。

メリット 03
生産性向上

ロボットは24時間365日休みなく、かつ効率良く働くことができます。作業範囲も多岐にわたり、重量物の搬送から微細な部品の加工組立まで行えます。また、人では危険な作業や、過酷な環境でも作業ができるので作業環境の改善にもつながります。

メリット 04
品質安定

ロボットは精度の高い作業を繰り返し行うことが得意です。そのため、品質のばらつきが無くなり、安定した品質を確保できます。人の手作業では集中力の低下等により作業ミスも発生しやすいですが、ロボットはそうした不具合もありません。また、クリーンルームや衛生管理が求められる場所でも、人の手を介さないので安全性が高まります。

メリット 05
高付加価値化

製品の検査において、人は五感を使って異常を見つけようとします。ロボットの場合は必要に応じて様々なセンサを取り付けることで、高精度で的確に不良や不具合を見抜き、検査の信頼性を格段に向上させます。その他、人間が持ち得ない能力や感覚を付け加え、付加価値の高いものづくりを可能にします。